金の関しての問題点。

実際、親にだってわかってはいないのだと思います。
嘘だとか騙しだとか色々な意見があって、今僕は周りにいられる環境ではないと思っています。
所属する組織にだって、病気で判断が出来ず、その親が支払うべきだ、という意見がとても多く流れています。

その人達に関しての話は置いておく事にして、自分の行動や意識、社会のルールや規則を考えると、この一件は、難しいです。
ネガティブに考えると、確かにうちは金に関しては余りちゃんとできてはいません。
なので、金の苦労を考えると、反射的に、自分が病気のせいにしてでも、金を払わないと思ってしまうのでしょう。
僕としては、現状で支払える事は無理だとは言いたいです。月2万という額でも相当大変だと思います。

なので、まとめて支払うなど考えていましたが、これが社会の規則というもので、自分では考えてはいたものの、どうにも出来ない状態です。
これを見方を変えると、その女性が貸す方も貸す方だというのが親の意見であり、結果としては、貸すだけ貸して払えなくなったら催促を、親の知人に話すのが理解出来ないという事でしょうか。
多少の額を払っていくのは、確かに仕方がないのかもしれませんが、気になるのはまだあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です