洗顔フォームの渡り歩きはダメ!まずは洗顔の基本から勉強を

顔を洗っても洗ってもニキビが治らない、洗顔フォームをいくつも変えたのに効果が出ないという方がいらっしゃいます。

多くの場合は、その洗い方が悪かったり、洗顔時に皮膚に刺激を与えてしまったり、洗浄が十分でないことで洗顔フォームが顔に残ってしまったりと、よかれと思っておこなっていることが裏目に出るケースです。

まずは、より洗浄力が強いニキビ用洗顔料ではなく、これまでの洗い方を見直してみる方が大きな効果を挙げられる場合が多いです。

ニキビ洗顔が効果ないというわけではなくて、もちろん効果はあるのですが、それ以前の問題という方多くいるようなのです。

顔を洗うときに手のひらでゴシゴシこすったりすると、摩擦で顔の必要な皮脂まではがれてしまいます。

洗浄すべきは、余分な皮脂と毛穴に詰まった汚れですが、必要なものまで洗い流してしまうことで水分と脂分がはがれ落ちてしまい、乾燥してしまいます。うるおいが失われた肌は炎症がおき、痒みを伴ったり真っ赤に腫れたりします。

ここにニキビクリームをなど塗ったりしたら、傷口にカラシを塗るのと同じことです。

ニキビを解消するために、洗浄力の強い洗顔料を購入されるかたもいらっしゃいますが、うるおいを失って炎症をおこし、ニキビを作る原因になることも考えましょう。
丁寧に洗った顔はぬるま湯でしっかりと洗い流し、化粧水や乳液をたっぷり含ませてうるおいを保護しましょう。

また、身体に出来るニキビにも要注意です。

背中ニキビには背中ニキビに効くスキンケアをしっかりと行い、適切な処理をしましょう。
まちがった方法で処理をして悪化させるというのが一番怖いことでもあります。

適切な処理をすれば最短で治すことも可能なので諦めずに、自分に合った方法を探すようにしたいです。
ネット検索で今は様々な有益な情報が溢れているので、ネットを活用することをオススメします。

特に参考になるサイトととして、乾燥肌ニキビに使いたいスキンケアなどが参考になると思います。

ぜひニキビを治す方法の参考にしてください。

何度も繰り返しになりますが、決して間違えた処置をしないよう心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です